最近のトラックバック

« 2008年6月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月27日 (土)

今旬な花見に出かけてきました

今日は昨夜の雨もあがり天気も青空がみえてきた所沢でした。

昼過ぎから高麗(コマ)にある巾着田というところまでドライブ。

まんじゅしゃげ(彼岸花)の群生地で有名。テレビのニュースでも最盛期と伝えられている。

ここのコスモス畑も結構いけるので毎年出かけている。毎年写真をとっていますが同じような写真を撮ってどうするなどと妻がいっていますが、そんなこと考えたことなど・・・

最近は大勢の見物客をなるべく写さないように、空をバックに撮っています。

Pict02911

Pict03231

Pict03261

Pict03121

Pict03141

JR九州折尾駅舎の模型製作

折尾駅の東口からの駅舎はほぼ完成しましたが、屋根の色を写真を参考に塗りなおしてみましたがしっくりいきません。

Pict02741

各部分のアップ画像を見てください。もっと繊細に造るにはと考え考えしてみました。

Pict02761

Pict02771

そこでもうひとつ折尾駅舎を作り方をかえて挑戦。各部分のパーツを手作りで作成。まず本館の屋根の部分を本物らしく細い均等な線を刻む。軒の屋根部分のところは凸凹をつけるなど・・・

Pict02781 Pict02801 Pict02811

2008年9月25日 (木)

JR折尾駅舎150分の一の模型つくり

9月25日

昨日は駅舎正面の造作が気に入らなくて作りなおしました。

雨どいと軒の支え支柱を作成。

窓のガラスもちょっと工夫していますがわかりますか?

ガラスも2枚使ってほんものらしくみえたら嬉しいのですが。

Pict0268_2

Pict0269

2008年9月23日 (火)

折尾駅舎の模型製作2

今日23日は休日でしたので一日かけて折尾駅の製作。

とりあえず分解して、

Pict0259_3 Pict0260_2

前面の屋根にトタン屋根らしく凸凹をつけた。

それに折尾駅のネームも取り付ける。

本館の屋根もすこしいじくってみる。

右の建物の出窓の窓枠も作ってみる。

Pict0262_3

Pict0263_2

鉄道模型に興味

久しぶりにブログに挑戦します。

先日より鉄道模型のNゲージのSLを眺めてひとり興にはまってみていましたが、だんだんと好奇心が旺盛になって、T社のレールのレイアウトをパソコンで出来るレイアウターのソフトを購入してしまいました。まだよく使用方法は理解できませんが時間を作って挑戦します。

SLに似合う駅舎を考えているうちに、昔通った高等学校のある駅北九州の折尾駅が取り壊される運命にあることを知らされ、子供の頃 駅に入ってくる蒸気機関車の大きな機体を思い出し折尾駅の駅舎を自分自身で作ってみようと発起しました。

折尾駅に関するホームページを片っ端から観て写真を参考に駅舎を作り始めましたが、なにせ写真からでは実際の大きさは想像するしかありません。公的なところに問い合わせ、JR九州の担当の部署を教えてもらい、ようやく立面図を手に入れました駅舎だけですが。200分の1の図面です。それをNゲージ用に150分の1に置き換えて駅舎を作り始めたわけです。

まだまだ試行錯誤でやっていますが、少しずつブログにその製作過程を載せて行く予定です。

その駅舎の今現在の画像です。後の写真の駅舎は折尾駅です。

Pict0257_2

まだまだ未完成なので少しずつ手をかけて行きます。この駅舎にSL(蒸気機関車) がいる風景を夢見て完成にこぎつけたいと努力です。

« 2008年6月 | トップページ | 2008年10月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

おすすめリンク

  • 国境の村から
    大学時代のサークル仲間のブログです。
  • 渡辺倶楽部
    同窓会やボランテアなど色々なことを乗せているホームページです
  • fool on the pla.net
    従姉の息子の折畳み自転車での世界放浪記です。
無料ブログはココログ