最近のトラックバック

« 従姉(いとこ)の息子が一流企業をリタイヤして世界放浪の旅に | トップページ | 40年ぶりの再会 »

2009年1月17日 (土)

阪神大震災に遭遇して14年経過

14年前、神戸支店に単身赴任していたあの日の早朝甲子園の寮で寝ていたベッドで強い衝撃で上に跳ね飛ばされた。一瞬なにが起こったかもわからず、横揺れが始まり地震だと気がついた。前日までは埼玉の自宅に居たものだから寝ぼけて家族の皆に「おい、地震だ逃げろ!」と叫んでいた。寮の部屋のテレビが台ごと部屋の中央まで動いてきて、天井の照明のカバーは外れて垂れ下がり、壁にかけていた写真などはすべて落ちてくる。ベッドも自分を乗せたまま中央に動いていく。なにがなんやら理解できずに部屋を出ると、寮生たちが廊下に出て不安そうな顔で佇んでいた。

とりあえず寮の周辺を歩いて様子を見てみると、家の屋根瓦がところどころ落ちている。

高速道路の高架の部分が傾いているように見えた。誰かが高架道路が落ちているのではといい大変なことになった。とりあえず留守宅に無事なことを報せなければと電話する。まだ電話は通じていた。妻は私の報せを聞いても何のことか解からず寝ぼけてちんぷんかんな受け答えでした。

近くの神社にいくと石灯籠や狛犬などが散乱していた。

時間が過ぎるにつれて被害状況がだんだんと大きく報道されてきて、電話も繋がりにくくなってきた。

いろんなことを経験したが、もうあれから14年が経ってしまった。これから14年後は私は76歳になっているが生きているかどうかはわからない。

Sinsai4 Sinsai10

« 従姉(いとこ)の息子が一流企業をリタイヤして世界放浪の旅に | トップページ | 40年ぶりの再会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

早いものですね。
もう14年経ちましたね。
こちらでは、それぞれの所で、
イヴェントが行われていました。
この日はさすがに、あれこれ思い起こしていましたが、
悲しいかな、忘れてはいけない事なのに、
何時もは忘れてしまいそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170546/43770392

この記事へのトラックバック一覧です: 阪神大震災に遭遇して14年経過:

« 従姉(いとこ)の息子が一流企業をリタイヤして世界放浪の旅に | トップページ | 40年ぶりの再会 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

おすすめリンク

  • 国境の村から
    大学時代のサークル仲間のブログです。
  • 渡辺倶楽部
    同窓会やボランテアなど色々なことを乗せているホームページです
  • fool on the pla.net
    従姉の息子の折畳み自転車での世界放浪記です。
無料ブログはココログ