最近のトラックバック

2010年1月 6日 (水)

年初めの撮影 入間基地飛行機

あけましておめでとうございます。

所沢は元日から快晴の日が続いて絶好の飛行機撮影日和です。

5日にさっそく入間基地に戦闘機を撮影に行ってきました。プロペラ機を撮影するのはちと難しいのです。シャッタースピードを遅くしないとプロペラが止まって写るのです。そうすると飛行機はスピードが早くてピントがぶれます。絞りを22くらいにして写してみました。

Img_56561

次は練習機です。これはシャッタースピードが早くても大丈夫です。プロペラはありません。ジェット機ですから。

Img_57531

入間基地で写した飛行機のスライドショーです。

http://picasaweb.google.co.jp/watanabeclub/20100105?feat=directlink

大きく見たい場合は上記のアドレスをクリックしてください。

今年も撮影したものをブログに載せていきたいと思っています。

2009年2月21日 (土)

おまけのゲット商品

朝から天気の良い所沢です。灯油18ℓが950円消費税込をさっき店頭で購入してきました。昨年の灯油の価格はなんだったんでしょうね。今年の冬もこれで寒さ知らずで過ごせそうです。

ところで私は毎日東京駅のコンビニでお茶のペットボトルを買って出勤しているのですが、そのペットボトルにファミリーマート限定鉄道博物館収蔵車両 鉄道ヴィネットコレクションがおまけで一個付いているのです。種類は5種類。C57形式蒸気機関車、ブルートレイン「あさかぜ」ナフネフ22形式客車、特急「ひばり」クハ481形式電車、クモハ101系電車、0系新幹線21形式新幹線電車。

Pict0076 Pict0077 Pict0079 Pict0080  Pict0081Pict0078

全部手に入れました。鉄道模型に興味ある私としてはその誘惑に乗せられてしまいました。

2008年12月 2日 (火)

JR九州折尾駅150分の1模型とりあえず完成

折尾駅舎の模型がとりあえず完成しました。西口は図面が手に入らず東口(正面)駅舎の完成です。

いろんな角度から駅舎の模型を写してみました。

この駅舎の保存を望む方たちが沢山いることもネットで知りました。レトロな門司駅と同じ時代に建てられた折尾駅も保存されて観光資源になればと思っています。

Orioeki2001_4 Orioeki2002 Orioeki2003 Orioeki2004 Orioeki2005 Orioeki2006 Orioeki2007 Orioeki2008 Orioeki2009 Orioeki2010 Orioeki2011 Orioeki2012 Orioeki2013 Orioeki2014 Orioeki2015

SL(蒸気機関車)は子供の頃の体験記憶に鮮明に残っています。まだ身長も大きくなくとても大きな機関車として頭の中に残っています。

駅前に置いた西鉄バスは現在の型の大型バスで似合わないのですが、ボンネットバスが手に入らなかったのが残念です。

2008年11月27日 (木)

折尾駅模型

SLと電気機関車を駅舎に並べて観ました。

電気機関車の高さが1番線から、2番線の架橋の下を通るのが無理。

本物の駅でも2番線のプラットホームまでしか架線がなく若松方面にはいけないようになっています。

若松方面にはディーゼルかSLかしか通過できないようです。

Orioeki001 Orioeki002 Orioeki003 Orioeki004 Orioeki005 Orioeki006 Orioeki007 Orioeki008 Orioeki009

2008年11月25日 (火)

折尾駅の製作続き

少しずつですが完成に近付いています。プラットホームのキャノピーをつけて見ました。

Pict01851 Pict01891

細かいところまで忠実に再現しようと試行していますが、なかなか上手く行きません。

2008年11月16日 (日)

JR九州鹿児島本線折尾駅駅舎作りに

今日の日曜日昼から折尾駅舎作りに没頭していました。駅前の風景を写真を参考にしながらやってみました。

駅のプラットホームの高さもSLをレールに乗せて調整してみました。

いろんな角度から模型を写してみました。

Pict01551 Pict01561

Pict01571 Pict01581

Pict01591 Pict01601

Pict01611 Pict01631

2008年11月14日 (金)

JR九州折尾駅駅舎模型つくり奮戦

第二作目の折尾駅駅舎作りが全然進まないのです。新しいアイデアが浮かんできて惑わされて困っています。

とりあえず図面を150分の1に描いてその上に駅舎の模型を乗せて図面との違いをチェックしようと。

Pict01541

完成するまで未だ日にちがかかりそうです。

2008年10月18日 (土)

JR九州の折尾駅駅舎の模型作り

折尾駅の駅舎の階段つくりとプラットホーム側の部屋の作成、

Pict00881

駅前に西鉄バスを配置してみました。

Pict00871

プラットホーム側にSLを配置してみました。

Pict00921

駅本館はまだまだ手を入れなくてはと思っています。

友人に折尾駅の内部の写真を依頼しました。東筑軒の売店や自動券売機、みどりの窓口、AMPMの看板などを依頼しました。関東に住んでいる身としては、折尾駅まで出かけるのはちょっと無理。

2008年10月 9日 (木)

JR九州折尾駅模型製作のつづき

折尾駅の150分の一の駅舎模型の再チャレンジをしていますが、作りかけてはまだ新しい作り方が浮かびなかなか進みません。今のところは屋根を除いて外観が少し製作が進みました。

コンコースの天井も少しこって見ました。

Pict00131

折尾駅のプレートも、東口の入口の文字も実物に似せて書き入れました。

Pict00141

窓の造り方も工夫して、正面の上部の窓のガラスも開け閉めが出来るようにしています。

上部に写っている駅舎は以前に作成したものです。納得できずに再挑戦しています。

Pict00111

アップした写真を見てください、1/150の模型の難しさが解かってきて悩んでいます。

Pict00121

Pict00151

2008年9月27日 (土)

JR九州折尾駅舎の模型製作

折尾駅の東口からの駅舎はほぼ完成しましたが、屋根の色を写真を参考に塗りなおしてみましたがしっくりいきません。

Pict02741

各部分のアップ画像を見てください。もっと繊細に造るにはと考え考えしてみました。

Pict02761

Pict02771

そこでもうひとつ折尾駅舎を作り方をかえて挑戦。各部分のパーツを手作りで作成。まず本館の屋根の部分を本物らしく細い均等な線を刻む。軒の屋根部分のところは凸凹をつけるなど・・・

Pict02781 Pict02801 Pict02811

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

おすすめリンク

  • 国境の村から
    大学時代のサークル仲間のブログです。
  • 渡辺倶楽部
    同窓会やボランテアなど色々なことを乗せているホームページです
  • fool on the pla.net
    従姉の息子の折畳み自転車での世界放浪記です。
無料ブログはココログ